2013年11月11日

さあ始めよう

ブログに時々遊びに来てくださっていた皆様、ありがとうございます。しばらくブログをお休みしていましたが、再開します。
この間、FBには毎日のように投稿していました。その投稿内容をベースにブログを再開します。ブログに遊びに来ていただいた皆様の何かのお役にたてれば幸いです。

レイクロックが、
マクドナルドのハンバーグに出会い、
全世界的チェーン化に
取り組み始めたのは 
52歳の時です。
伊能忠敬が、
初の日本地図のための
測量を始めたのは 
56歳の時です。
カーネルサンダースが、
ケンタッキーフライドチキンの
フランチャイズ化に
取り組み出したのは 
62歳の時です。
こうした方々の取組を知り、
いつからでもスタートできる
と感じています。
こうした方々の志を知り
未来は、
これまでの自分の実績の
延長線上にあるのではなく
未来は、
今の自分が目指している
方向にあるんだ
と感じています。
どこからでも 
夢を描いて 
始められる 
いつからでも 
夢を描いて 
始められる
人の一生はとてもいいです

 私たちは、自分らしく生きたいと願っています。
 ところが、いつの間にか、その自分らしさを見失い、どこを目指せばいいのかが分からなくなることがあります。
 幼子を見ていると、そこには自分らしく生きている姿があります。
 その自分らしく生きている姿とは、今を生きている姿です。
過ぎ去った過去にとらわれることなく、未だ来ない未来を気にすることなく、今その時を生きている姿です。
 なぜ幼子が今その時を生きることができ、大人になるにつれてそれができなくなるのでしょう。
 ここにひとつのきわめて重要な事実があります。
 それは幼子であろうと私たち大人であろうと、生きることができるのは、今この時だけだということです。過去も未来も私たちの思いの中にしかなく、存在するのは今この時だけです。
 自然に生きれば、今を生きるということ以外の生き方はないということです。
 それでは、このことと、先述の「さあ、始めよう」の中の、いつからでも夢に向かってスタートできる、ということは矛盾していないだろうかということが気になるかもしれません。
 私たちが夢に向かってスタートを切ることができないとしたら、その理由は3つです。
 ひとつは過去の失敗を恐れる持ち越し苦労。もうひとつは、未来の失敗を恐れる取り越し苦労、そしてあとひとつはとなりの人の失敗を自分もするかもしれないと恐れる持ち出し苦労です。
 すべてに共通していることがあります。
 それはどれも、今現在とは関係がないということです。
 レイクロックも伊能忠敬もカーネルサンダースも、並々ならぬ熱意の持ち主だったと思います。その熱意が彼らを動かしたのですが、熱意が向けられた先は遥か未来ではなく、彼らが行動しているその時その時点、彼らにとっての現在、今その時に熱意が向けられていたのです。
「さあ、始めよう」とは「今日一日熱意を持って行動しよう」ということです

【夢実現のために(実践のポイント)】
・思い立ったり吉日です。今します 
・すべて出しきります。本気になります 
・期限を決めます 
・リストを上げます

posted by 本山隊長 at 06:12| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: