2014年02月24日

いちを足す

辛(つらい)に一(いち)を足すと
幸(しあわせ)になります
ここで加える一(いち)とは
自分のことです
辛さが生まれているのは
誰かのせいかもしれません
誰かを変えようとして
ストレスが増え
辛くなっているのかもしれません
でもそんな時こそ
自分ひとりでも顔晴るって
決意します
その時
辛が幸に変わります
そしてそれは
他の人の辛いも幸せに
変えていきます
抵抗が増した時こそ
加速するタイミング
飛び立つ時

生きている間にはいろんなことが起きます。
最初から最後まで、それは生まれてから死ぬまで、順風漫歩だったという人は、はたしているのでしょうか?
様々な書物の中には、思うように生きることができると書いています。
すべて思いどおりになるということも書かれていたりします。
どちらも共通していることが、まず思うということです。
だれが思うのかというと、それは自分自身です。
起きていることはすべて、単なる事象であり、それをどうとらえ、どう意味づけするのかは、すべて自分です。
自分を振り回しているのが自分であるなら、自分をコントロールできるのも自分。
そのため、辛いときに自分一人でも顔晴るという気構えが必要です。
その気構えが、自分を取り巻く世界を変えていきます。

【一歩先に進みたい人へ【実践のポイント】
・思っているとおりの世界が展開しているんだと知ります
・思いはコントロールできると決意します
・辛い時こそ自分一人でも顔晴るという気構えが思いを変えていきます。
posted by 本山隊長 at 06:22| Comment(0) | 日記