2014年01月20日

大力量人

大力量人という言葉があります
無限の可能性を秘めた人
という意味で
私たちは本来
無限の可能性を秘めた人
大力量人なんだということです
そう言われて
とても想像できない
と思われるかもしれませんが
それでいいのです
なぜなら
本当の私たちらしさは
私たちの想像を
はるかに超えたところにあるからです
想像もできないほどの
無限の可能性を秘めた自分を描く時
これまでの思い込みの枠が外れ
今まで見えていなかったもの
目には映っても
見えていなかったものが
見えてきます

 見上げれば、その背丈は雲の上に続き、笑い声は山々を震わせ、くしゃみひとつが嵐となる、それが大力量人であり、それが本当の私たちなんだというお話があります。
本来はそれほどの存在である私たちですが、この世に旅立ち、肉体を持った瞬間にそのことを忘れてしまいます。
 忘れる理由は、閉ざされた中から、本来の自分、想像をはるかに超えた無限の可能性を持つ自分へと、近づいていく過程を楽しむためです。
 それは枠を破っていく過程であり、その時その時に達成感という喜びも同時に存在するしかけになっています。
 なぜそんなしかけがあるのかというと、ワクワクするためです。枠を破り本来の可能性にふれるたびにワクワク感が増していきます。
 それに加えて達成感が得られるたびにも、ワクワク感が増していきます。
 私たちがワクワクしている時、天も同じようにワクワクしています。
 天は私たちを通じてワクワク感を得るのです。
 全知全能の天が、更なる喜びを得るために、閉ざされた中から全知全能に向かっていく過程を創りました。
 それは無限に続く喜びの旅であり、無限に繰り返す新しい喜びの舞台です
 私たちの一生は天寿を迎える時、トータルで喜びが多くなるようになっています。
 それが天の企画、天のシナリオ、天の計らいです。
 小さな自分にとらわれすぎずに、無限の愛であり、無限の可能性である大力量人として生きようと決めると、本来の自分らしさが現れてきます。

【大力量人である自分を実現するために(実践のポイント)】
・すべてが思い通りになっている自分を描きます
・思い通りになっている自分を遥かに超えた自分を描きます
・遥かに超える方法は、ありえないと思えるようなことを描くことです
・枠を超え、新しい自分に出会うたびに天が喜んでいることをイメージします
posted by 本山隊長 at 06:13| Comment(0) | 日記