2013年12月30日

単純でよかった

雨の降る日は
雨の景色に感動し
風の吹く日には
風の景色に感動し
晴れの日には
晴れの景色に感動し
花を見ては
きれいだなあって思い
朝日には
おはようと言い
満天の星空を見るたびに
うわーって声に出し
毎日通る道でも 
毎日見る景色でも
毎日違う顔をしているから
毎日素敵な旅をしている
そんな気になっています
ホント単純です
でも単純で良かった

さっきまで泣いていたかと思うと、ケロッとして遊んでいる。
子どもたちに接していると、そんな姿によく出会います。よく出会うと言うよりも、それは日常当たり前のように見かける姿です。
なぜ、子どもたちはそうあるのかというと、それは今を生きているからです。
過去にとらわれることなく、未来を憂うことなく、今を生きているのが子どもたちです。
そしてそれは特別なことではありません。
私たちも、もともと同じだったのです。みんな子どもだったと言っているのではなく、もともとは同じ「今を生きている」のが私たちだったということです。
だったというのは誤解を生むかもしれませんが、今もそうであり、常に私たちができることは「今を生きる」ということだけしかありません。
過去はそれにどうとらえられていようとも、過ぎ去ってしまったことであり、未来はそれをどう憂おうとも、未だ来ないことです。
そうであるのに、過去にとらわれ未来にとらわれ、今を生きていないのが私たち大人の姿ではないでしょうか?
今を生きようと深く心に意識した時に、毎日通る道でも毎日違う景色に見てきます。
毎日出会う人たちが、毎日一期一会の出会いの人たちとなります。
毎日違う今を旅している私たちが、そこにいます。
今を生きるとは毎日が新しい旅と気づくことです。
目が覚めるということは、その瞬間に再び生まれてきているということです。
肉体は眠ることがありません。それでも睡眠が必要なのは、毎日天に帰っているからです。
天に帰っている時にしっかり充電されてくるのです。充電され、エネルギー満タンの状態で目が覚め、今日の新しい旅が始まります。

【今を生きることを実現するために(実践のポイント)】
・過去にとらわれていることがあるならば、その理由を考えます
・過去は過ぎ去ったもので、どこにも存在しないことを考えます
・未来にとらわれていることがあるならば、その理由を考えます
・未来は未だ来ないもので、どこにも存在しないことを考えます
・今を生きることと過去と未来のつながりをイメージします
posted by 本山隊長 at 06:40| Comment(0) | 日記

2013年12月23日

愛が先

対機説法という言葉があります
対機説法とは相手に応じて
真理の入口を示すことであり
お釈迦様はその達人だった
と言われています
真理の入口とは 
悟りに至るための入口のこと
目指す山の頂はひとつでも
そこに至る道は無数にある
それは人の数だけあり
その人に最も適した入口
最も適した道を示すのが
対機説法と言うことです
考え甘く 
山に登る準備を
まったくしない人には
「山登りは決して
楽なものじゃないです、
しっかり準備をしないと
大変なことになる」
と山登りの大変さを説き
心配絶えず 
山に登ることを
ためらっている人には
「美しい景色 
美味しい水や空気 
楽しみましょう」
と山登りの楽しさを
説くことです
相手に応じて話すことが
できるのは
深い愛があるからです

多くの人は私たちに多くのアドバイスをしてくれます。
そのアドバイスは、その人の経験やその人が学んだ知識などに基づいています。
そのアドバイスは方法論的なことであるのか、本質論的なことであるのか、ここを見抜く必要があります。
方法論的なことが悪いというわけではありません。その奥にある本質を意識することが必要です。
なぜなら、山の頂に至るための入口は無数にあるからです。
その人が得た方法はその人にとってもっとも必要なものであり、私たちにとっても必要なものかもしれませんが、もっとも必要なものではないと考えてください。
それが十人十色の意味です。
アドバイス上手の人もいますが、アドバイスされ上手の人も大切です。
アドバイスされるのもアドバイスするのもどちらも愛が伝わる行為です。
この世とあの世には無限の愛のエネルギーの流れがあります。
その愛のエネルギーを自分と相手に流していく行為がアドバイスです。
無限の愛のエネルギーが次々と人から人へと流れ続けていく姿をイメージしてください。
それは縦横無尽に拡がりつながる愛のエネルギーの流れです。
私たちが見たかったのはその姿。
光明荘厳な愛のエネルギーが流れるその姿。
その光明荘厳な愛という光が作り出す世界は私たちとつながっています。
もっとイメージしてみると、その光明荘厳な姿こそが、私たち自身であることにきっと気づきます。

【アドバイスされたことを自分のものとすることを実現するために(実践のポイント)】
・いい話をアドバイスされたらすぐ実行するようにします。
・何度も繰り返し繰り返し実行します
・実行の中でつかむのはコツです
・コツが伝えたいことの本質であり、あなたにピッタリの知恵です
posted by 本山隊長 at 08:31| Comment(0) | 日記

2013年12月16日

答えはシンプル

いつも笑顔でいる
善き言葉を心がける
親切にする
やさしくする
明るく生きる
勇気を持つ
自分の気元をとる
自分の人生を楽しむ
大切なことはシンプルです
やってみればいいだけです

悩み考え抜いて、行き着いた答はシンプルになっています。
あーこんなこと!と思わず声に出してしまうほど、それはシンプルな答です。
なぜそこに至らなかったのでしょう。
一つは問題の立て方にあり、もう一つはその問題の解き方にあります。
どちらも難しく考えていないでしょうか?
私たちにとって必要なことは自分の人生を楽しむことです。
それも心の底から楽しもうという心構えが大切です。
心の底から楽しむためには、その楽しみが持続し続けることが大切です。
振り返ってみてください。
持続し続けていること。
それもいつの間にか、習慣になっているようなことを。
それらはきっとシンプルなことではないですか?
私たちにとって、「今日は充実した一日だった。」と言いたくなる一日はどんな一日でしょう。
想像してみてください。
充実した一日を感じている時の自分と今の自分を比べてみてください。
違っていたとしたら、することはただ一つ。
充実した一日を感じている時のあなたに、今すぐになってください。
充実していないのにできないと思うかもしれませんが、問いかけられていることをもう一度読み返してみてください。
充実した一日を感じている時の自分に今すぐなってくださいという問いかけです。
その時の環境を作り出してくださいとか、充実した一日を作ってくださいという問いかけではありません。
その時のあなたになってくださいという問いかけです。
これは私たちが主体となってできることです。
私たち次第でできることです。
私たちが主体的にできるシンプルなことを今すぐしましょう。
やってみれば必ず分かるようになっています。

【私たちがしたいことを実現するために(実践のポイント)】
・実現したいことをいくつかリストアップしてください
・あなたがどうありたいかを考えイメージしましょう
・それをひとつひとつ行動できるシンプルなことにしていきましょう
・そのシンプルなことを今すぐ始めましょう
posted by 本山隊長 at 06:18| Comment(0) | 日記

2013年12月08日

心配より信頼

心配していると
聞くよりも話すことが多くなり
信頼していると
話すよりも聞くことが多くなる気がします
心配と信頼
たった一字違いで
大きく違ってきます
しんぱいをしんらいに変えると
ぱらっと目からうろこが落ち
その目がやさしく語りかけるから
多くを口にしなくても
ちゃんと伝わっていきます

私たちが心配していたことで、そのとおりになったことはいったいどのくらいあるでしょう?
 ある統計ではそのほとんどは起きないといわれています。
 ほとんど起きないことを心配し、不安に過ごしている時間は、本当に必要な時間でしょうか。
 備えあれば憂いなしというのは、心配しなさいという意味ではなく、未来を信じてしっかり備えましょうという意味です。
 備えがあれば未来を信じられるという意味ではなく、未来を信じて備えていると憂いはないですという意味です。
 同じような意味で、人事を尽くして天命を待つではなく、天命を信じて人事を尽くすという順番です。
まず信じる。
 初めに信頼ありきです。
 信頼の気持ちからは信頼波動が出ます。
 信頼波動が信頼に値する結果を導いてきます。 
 向かい合う人は鏡であるという言葉もこのことを表しています。
 信頼のまなざしが相手に自信を与えます。
 その自信がちゃんと信頼に応えてくれる行動を生みます。
 そのため、初めに信頼するのは自分自身です。
 自分は十分信頼できる人間だと信じることから始めてください。信じればちゃんと信頼に応えてくれます。
 鏡を見てニコッと笑って、よーし、任せたと自分に声をかけます。
 その言葉が私たちの持つ本来の力を発揮してくれます

【自分を信頼することを実現するために(実践のポイント)】
・鏡を磨きます
・磨いた鏡を見てニコッと笑って、いい笑顔と言葉にします
・好きな格好をします
・その姿を鏡に映します。
・ニコッと笑ってよく似合っているといいます
・好きな格好でニコッと笑って、鏡に映った自分に向かって、「よし、任せた」と言葉にします。

posted by 本山隊長 at 22:48| Comment(0) | 日記

2013年12月02日

天のアンコール

朝、起きたと同時に
「目が覚めてラッキー」と言っていますが
その理由は、
「目が覚めない」ことがあると思っているからです。
目が覚めるか覚めないかは
誰にもわからないと思っています。
昨日が最後の舞台だったかもしれません。
それでも目が覚めたのは
天のアンコール
鳴りやまない天の拍手の中でのアンコール
胸を張って 堂々と
満面の笑顔で 颯爽と
アンコールの拍手の中
感謝の言葉と思いと行動で
今日という舞台に上がります

今日一日を充実した一日にするためには、自分らしく生きることが大切だと考えています。
自分らしく生きるためには、なにがそれを邪魔しているのか、そのことから考えます。
文章にあるように今日が最後の日だったら、それももう少しで終わりを迎えようとしていたら、私たちはこれまでのことをきっと振り返ります。
やりたいことはやれましたか?自分らしく生きることができましたか?
今さらそんなこと考えても、もうどうしようもないから、せめて最後は感謝の気持ちで、そう考えるかもしれません。それはそれでとても大切な考え方です。
そうやって旅立つ気持ちになり、そっと目を閉じます。しばらくして目を開けると、旅立ちが一日延びていて、そこにはおまけの一日です。私たちのための一日です。
そう書かれた紙が貼られていました。私たちを縛っていたものはそこには何もありません。
縛っていたものは何ですか?
父親らしくしなければとか、母親らしくしなければとか、嫌な仕事でも頑張らなければいけないとか、しなければいけないことがたくさん私たちの行動を制限している、そんなふうに感じたら、私たちのためのおまけの今日の一日を、私たちのために思いっきり使いましょう。
本当の私たちを表現する服を着ましょう。おしゃれをし、振る舞いたかったように振る舞いましょう。言いたかった言葉を口にしましょう。今日が最後のおまけの一日です。かっこいい言葉を口にしましょう。
遠慮しないで、終わりを迎える時に後悔しそうだったら、思いのままに。
天に帰った時にふたつのことを聞かれます。
ひとつはあなたの旅を楽しみましたか?
もうひとつは縁ある人たちのお役にたちましたか?
そのことを知っている天が、私たちのために与えてくれたのが、今日の一日です。

【幸せな気持ちで目覚めることを実現するために(実践のポイント)】
・朝、目が覚めた時に「目が覚めてラッキー」と言葉にします
・目が覚めてラッキーと言葉にしたら、サッと起き上ります
・上記がスムーズにできるまで何度も意識して行います
posted by 本山隊長 at 06:20| Comment(0) | 日記